新本格の金字塔 綾辻行人・館シリーズの順番

綾辻行人の館シリーズ

作家の綾辻行人さんの代表的なシリーズに館シリーズがあります。

綾辻行人さんのデビュー作「十角館の殺人」から始まり、現在までに9作が発売されています。



綾辻行人さんの館シリーズにより本格推理小説が再び活気を取り戻したため、この館シリーズは新本格の発端となったシリーズであると言われています。

ミステリ、推理小説が好きな人の多くは読んだことがあると思いますがミステリ好きだけどまだ読んでいないというあなたはぜひ1冊でもいいから読んでみてください。

館シリーズとは

館シリーズは中村青司が建てた奇妙な建物を舞台にして起きる殺人事件を探偵役である島田潔が解決していくシリーズです。

なぜ中村青司が建物で殺人が起きるのかは分からない。

毎シリーズ、変わった仕掛けが小説中に施されていて何かあると分かっていても驚いてしまう面白い作品です。

特にシリーズ第1作の「あの1行」は有名です。



第1作

十角館の殺人

有名なあの「1行」がある作品です。1行ですべてがわかります。この作品は綾辻行人さんのデビュー作ですが、デビュー作でここまでのものが描けるのかというくらいすごい作品になっています。

第2作

水車館の殺人

第3作

迷路館の殺人

第4作

人形館の殺人

第5作

時計館の殺人

第6作

黒猫館の殺人

第7作

暗黒館の殺人

第8作

びっくり館の殺人

第9作

奇面館の殺人

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今村昌弘最新作「魔眼の匣の殺人」の感想

目次1 「屍人荘の殺人」で一躍有名に2 続編は前作を超える面白さ3 今作も衝撃の展開の連続4 シリー …

澤村伊智「ずうのめ人形」の感想 比嘉姉妹シリーズ2作目

目次1 「ぼぎわん」の次は「ずうのめ」2 あらすじ3 野崎&真琴のコンビが再び4 驚きの仕掛けも再び …

映画原作 冲方丁「12人の死にたい子どもたち」の感想&注目ポイント ラストは意外と…

目次1 「12人の死にたい子どもたち」2 あらすじ3 12人のキャラクター4 ラストは意外と…5 映 …