阪神の2軍が日本一!しかし1軍は最下位確定が間近・・・

阪神2軍が日本一

今日6日にファーム日本選手権げ行われ、ウェスタンリーグで優勝した阪神とイースタンリーグで優勝した巨人が対戦し、阪神タイガースが勝利し12年ぶりの日本一となりました。



阪神2軍は今季、ウェスタンリーグで抜群の強さでした。何と今期は68勝48敗で史上最多勝利数となり2位のソフトバンクとは僅差であるものの3位以下は大きく引き離すという結果でした。

更にすごいのはチーム盗塁数でその数なんと163個でした。1軍の阪神は盗塁数が少ないことで有名ですが、阪神の2軍は今季超積極的な野球を心掛けていたようです。

喜んではいられない



阪神2軍が日本一ということで阪神ファンからすれば喜ばしいことに感じますが全くそうではありません。

それはなぜかと言えば、阪神の2軍にいる選手が2軍でくすぶっているようではダメな選手ばかりだからです。

先日私はある地方球場で阪神の2軍戦を観戦しました。普通は2軍の試合は一般開放されないのですが、地方で行われる試合は観客を入れることが多いです。

この試合の相手は1軍では圧倒的な強さを誇っている広島カープの2軍。

1軍では広島に圧倒的に負け越している阪神ですが、この試合では阪神は広島を圧倒していました。

しかし、阪神2軍のこの日の先発は藤波。

数年前まではエース級の活躍をしていた藤波が今や2軍でもやや危ういといった状態にまで落ち込んでいました。

さらにスタメンは1番には江越、3番には板山、4番は陽川、5番には高山といった感じで期待されていながら2軍でくすぶっている選手が勢ぞろいしていました。

特に高山は1年目の大活躍からは考えられないほど、現在は低迷し今年は1軍ではほとんど活躍できてませんでした。

つまり阪神は1軍で活躍していなければいけない選手が大勢、2軍に落ちてしまっているため2軍は選手層が厚く、強いということです。

1軍定着の壁

2軍では十分すぎるくらいの強さを持った選手は大勢いますが、1軍ではほとんどの選手が活躍できていないのが現状です。

阪神は数年前から若手を育てようと頑張っていて、かなり育ってきた感はあり、ブレイクしそうになった若手も多く出ましたが、1軍定着が大きな壁となっています。

今年に関して言えば、1軍に定着できた若手は糸原だけでした。

現在若手を育ている段階であるため、昨年と比べれば選手層は厚くなっていなければならないのに今年はむしろ薄くなってしまいました。

ということで今年はもう最下位確定が間近となっています。

来季こそは期待されている若手が1軍に定着し、若手主体のチームが誕生することを期待したいです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポーツ
マツダスタジアム ビジターパフォーマンスシートでプロ野球初観戦

目次1 マツダスタジアムへ2 ペットボトル持ち込み不可3 楽しい空間4 打ってくれないとつまらない5 …

スポーツ
今週の阪神タイガース! ロサリオがついにスタメン落ち

目次1 今週の阪神タイガース2 1、ソフトバンクに3連敗3 2、西武戦で北條復活、そして原口が4番、 …

スポーツ
今場所も大活躍の阿武咲は元ヤンキーなのか?武井咲と関係があるのか?本名は?

目次1 阿武咲日馬富士に勝利し金星獲得!!2 阿武咲はどんな人物?3 阿武咲は元ヤンキーなのか?4 …