知念実希人「優しい死神の飼い方・黒猫の小夜曲(セレナーデ)」 必ず泣ける感動のミステリー

死神とミステリー

このページで紹介するのは優しい死神の飼い方・黒猫の小夜曲という2冊の本です。

この本は知念実希人さんによるミステリー小説です。

しかし普通のミステリーとは一味違い、この本は少し現実離れした話となっています。

なぜならこの本は死を目前としている人やすでに死んでいて地縛霊となった人たちの未練を動物の姿をした死神が解決するという話だからです。

内容は現実離れしたものですがしっかりとしたミステリーに仕上がっています。

ファンタジー的な要素も多くありますが、かなり現実的な話も含まれていて、さらにミステリー的な要素もあり、様々な要素がミックスされている内容になっていて非常に面白いです。

もちろん知念実希人さんの作品の特徴である医学的な要素も含まれています。

必ず泣ける・・・

人の死を多く扱っている作品ですが、作品全体の印象は非常に明るく楽しい話になっています。

主人公である死神やヒロインのキャラクターが非常によく、笑える部分もたくさんあります。

しかし楽しいだけの物語かと言えばそうではなく人の死を扱う物語ということもありこの作品のラストは切ない結末を迎えることとなります。

この切ない結末にあなたは思わず涙してしまうでしょう・・・。

死をテーマにしながらも楽しい作品となっていますが、だからこそ読む人に死というものを改めて深く考えさせる作品となっていると思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今村昌弘最新作「魔眼の匣の殺人」の感想

目次1 「屍人荘の殺人」で一躍有名に2 続編は前作を超える面白さ3 今作も衝撃の展開の連続4 シリー …

澤村伊智「ずうのめ人形」の感想 比嘉姉妹シリーズ2作目

目次1 「ぼぎわん」の次は「ずうのめ」2 あらすじ3 野崎&真琴のコンビが再び4 驚きの仕掛けも再び …

映画原作 冲方丁「12人の死にたい子どもたち」の感想&注目ポイント ラストは意外と…

目次1 「12人の死にたい子どもたち」2 あらすじ3 12人のキャラクター4 ラストは意外と…5 映 …