村八分は現在も存在する!?

大分県で村八分に対する是正勧告

大分県の弁護士会は出身地の集落にUターンした男性に対する村八分やめるよう集落に是正勧告した。

男性は母親の介護のためにUターンし農業を始めようとしていたが、集落の住民とトラブルになりその後集落からのけ者のような状態にされてしまった。

村八分とは

村八分といえばあなたは日本史で習ったりしたのではないだろうか江戸時代において村落運営で大事な要素であった村八分。村内のおきてを破ったものに適用され、その地域に住む他の住人と一切交流ができないような状態になる。今回ニュースになっている村八分は江戸時代のものと比べれば弱いものだが似たようなものであるためこの言葉が使われている。
現在日本の報道局はあまり村八分という言葉は使いたがらない。

村八分は今もある

村八分は江戸時代の文化だがそれは今も残っている。しかし地域住民が結束しある人に対し交際を断つこと自体は罪にはならないようだ。交際を断つことを宣言してしまうと罪に問われる可能性がある。

まとめ

 村八分は周りから少し離れたところにある集落で起こりやすい。

 その行為自体は罪ではない。

 だから大分県の村八分も罪ではないため解決するには時間がかかりそうだ。

最近UターンやIターンなどで集落に移住し農業を始める人も多いがもしかしたらその集落は独自の決まりがあるような閉鎖的な空間であるかもしれない。気を付けてほしい。

コメントはまだありません

コメントを残す

未分類
古今東西プログラミング言語

テストページ 関連記事RCCラジオチャリティーミュージックソンの特別番組放送迫る!今年で11回目!リ …

未分類
あなたのモチベーションを教えてください!

モチベーションがほしい なんでもコロナのせいにするのもあれですが、コロナ以降、何に対しても無気力 に …

未分類
お久しぶりです。

お久しぶりです。 ただそれだけです。 それはさておき、 今年はついに2023年です。 10年位前は2 …