「出版禁止・死刑囚の歌」の感想 隠された謎が全く分からず・・・

出版禁止の新作

つい最近、長江俊和さんの新作長編小説「出版禁止 死刑囚の歌」が発売されました。



これは4年前に発売された「出版禁止」と同じようなテイストで描かれた小説であるため出版禁止シリーズの新作となるようです。

「出版禁止」は出版禁止になったという呈のあるルポに筆者が解説を加えて本として出されたという呈の小説でした。

一見するとノンフィクションのようにも見える小説なので非常に変わった作品です。

また「出版禁止」はすべての謎が明確には解き明かされないという特徴がありました。そのため単純に読み終えただけでは真実を知ることはできないため何度も何度も繰り返し読んで、どこかに謎が隠されているのではないかとという楽しみ方ができる小説でした。

再び読者は騙される?

今回の作品「死刑囚の歌」にも作品中では明かされない数々の謎が潜んでいそうです。

ただ作品を読む終えた感想としては前の作品よりはもやもや感が薄いような気がします。

これは前作はこれで終わり?のような終わり方だったのですが今作の終わり方は一応しっかりと完結したような終わり方だったからです。

終わり方だけ見るとあまり謎は隠されていないように感じましたが本の帯には隠された真実を解明した方には口外禁止認定証がもらえるというキャンペーンの応募券がついていたことから今作にもやはり想像の上をいくような謎が隠されていそうです。



謎は全く見つからない

謎が隠されていそうなのですがはっきり言って全く分かりません・・・。カギになってそうなのは死刑囚が死刑執行前に残した10個の和歌にメッセージだと思われるのですが全く見つかりません。

今作は前作と比べ複雑な構成となっている(前作は1つのルポが中心だったが今回は複数のルポにより構成されている)のですがこの複雑な構成により何か惑わされていることがあるのかもしれません。(作中で1つは明かされた)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今村昌弘最新作「魔眼の匣の殺人」の感想

目次1 「屍人荘の殺人」で一躍有名に2 続編は前作を超える面白さ3 今作も衝撃の展開の連続4 シリー …

澤村伊智「ずうのめ人形」の感想 比嘉姉妹シリーズ2作目

目次1 「ぼぎわん」の次は「ずうのめ」2 あらすじ3 野崎&真琴のコンビが再び4 驚きの仕掛けも再び …

映画原作 冲方丁「12人の死にたい子どもたち」の感想&注目ポイント ラストは意外と…

目次1 「12人の死にたい子どもたち」2 あらすじ3 12人のキャラクター4 ラストは意外と…5 映 …