「スマホを落としただけなのに・囚われの殺人鬼」の感想 あの殺人鬼がまさかの活躍⁉

「スマホを落としただけなのに」の続編

現在「スマホを落としただけなのに」を原作とした映画が公開中ですが、映画公開に合わせて「スマホを落としただけなのに」の続編が発売されました。



続編のタイトルは「スマホを落としただけなのに・囚われの殺人鬼」。続編ということで前回と同じ題名ですが今回はスマホは落としません。

今作は前作よりもスケールアップした内容となっていました。

あらすじ

前作の犯人、浦井光治は山中見つかった6人の死体のうち5人を殺害したことは認めたものの残る1人の殺害については認めようとしなかった。

神奈川県警のサイバー犯罪対策課の桐野良一はこの真相を探るため浦井と接触する。



やがて浦井は残る1人を殺したのはかつてダークウェブ界でカリスマ的な存在だったMが犯人ではないかと桐野に伝える。

さらに6人の死体が埋められていた山と同じ山からほかの死体も見つかったかことから警察はMに関する捜査を始めるが中々手掛かりは見つからない。

そこで警察が協力を仰いだのは何と前作の犯人、浦井光治だった。

前作を読んでないと分からない

本の帯には第1弾の前に読まないで下さいと書いてありましたが本当にその通りだと思います。

前作と主人公は変わっているものの、前作とかなりリンクしているので1作目を読んでいないと話について行けないかもしれません。



前作の犯人が活躍

前作の犯人である浦井光治は前作ではその異常をまざまざと読者に見せつけましたが今作は何と警察に協力します。

死刑間違いなしの凶悪犯が警察に協力するというありえない展開は今作の見どころです。

前作よりもスケールアップ

前作は個人に対する攻撃でしたが今作の犯人はより広い範囲でのサイバー攻撃をしかけ、多くの人に被害が及びます。

前作と今作の2作で個人でも広い範囲でネットを利用し被害を与えることができることを知ることになります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今村昌弘最新作「魔眼の匣の殺人」の感想

目次1 「屍人荘の殺人」で一躍有名に2 続編は前作を超える面白さ3 今作も衝撃の展開の連続4 シリー …

澤村伊智「ずうのめ人形」の感想 比嘉姉妹シリーズ2作目

目次1 「ぼぎわん」の次は「ずうのめ」2 あらすじ3 野崎&真琴のコンビが再び4 驚きの仕掛けも再び …

映画原作 冲方丁「12人の死にたい子どもたち」の感想&注目ポイント ラストは意外と…

目次1 「12人の死にたい子どもたち」2 あらすじ3 12人のキャラクター4 ラストは意外と…5 映 …